なでしこ★ドライバー

全国の女性トラックtorakku&バスドライバーを紹介!「はこぶ」という仕事を選んだ彼女達の素顔に迫ります。

北の大地、北海道を駆け巡っています♪

Vol.25 2014/03/06 北海道 みゆきさん
ドライバー歴 20代から乗り始め、17年です
車種 ELFです
運転時間 運転しているのは、3~4時間くらいです
積んでいる荷物 冷凍食品(お店の冷凍庫に荷降ろしもします
勤務先 『株式会社 帯広フーズ輸送』様にお勤めです。
地元スーパーの生鮮食品をメインに配送し、主に十勝や
釧路管内を運行されています

*注:勤務先・女性ドライバー様への問合せはご遠慮下さい。
    記事に関する問合せは、HaKoBu事務局へ。 

Q&A

- みゆきサンが、トラックドライバーになったきっかけは?

みゆきさん:ワゴン車で配達の仕事をしていたんですが、その頃「大きな車に乗ってみたいな~」と思っていたら、勤めていた会社が倒産してしまって…

ちょうどその時、ここ『帯広フーズ輸送』で募集が出ていて。
不思議な”縁”ですね
この会社と出会えて、そして、大きなトラックに乗れて良かったな

当時は、子どもが小さかったので、トラックの助手席に乗せて配達したこともあるんですよ。連れて歩いて、ほとんど休まなかったですね。

- 北海道の冬。雪道で気をつけていることはありますか?

みゆきさん:北海道と言っても、雪の降り方は地域によってかなりの
差があって、ここ「帯広」は雪は少ない方なんですよ

雪が降ると、除雪車が除けた雪が路上に”雪山”となるので
その雪山の陰から突然車が出てくると、ヒヤッとしますね
雪道でも自転車に乗る人もいて、ハラハラさせられます。

雪道に限らず、私は車間距離を多くとりますね。
車間距離をあけること、左右確認。やはり運転は、基本が大事です

- ドライバーになって良かったな、と思うことはありますか?

みゆきさん:普段なら、まず乗ることのないトラックに乗れたことでしょうね。

あとは、この会社との出会いかな

以前、バンの冷凍を効かせ過ぎて、生魚やキャベツを冷凍しちゃって
パリッパリッにしたことや…
ギックリ腰をやった時は、専務が運転してくれて、私は助手席に座り
配送ルートを「あっち!こっち!」と指で指示して走ったこともあったな。
いつも周りの皆に助けられました
(写真は、貴戸(きど)専務。 みゆきサンにとって、兄貴のような存在だとか)

- トラックならではの、お勧めの景色やスポットを教えてください!

みゆきさん:国道38号の直線が好きですね
冬は雪の日高山脈、夏は緑の日高山脈がとても綺麗ですよ
帯広は雲一つない青空が広がることが多く、山と空のコントラストが最高

後は…お勧めじゃないですが。
「三国峠」が苦手です。
昼間は旭川まで近道なので通ることも有りますが、夜は絶対に通らない
対向車も少ないし、真っ暗だし…なんか出そうで怖いです

女性ドライバーへのメッセージ

なでしこリレーメッセージ

Q:前回の質問 《↓前回のあきこさんからの質問です↓》
男性陣のなかで、この仕事をこなしていく苦労はなんですか?
A: 回答 苦労は全然ないですね
この会社で、女性ドライバーは私1人ですが、差別も区別もなく
同じドライバー仲間として皆仲良くやっていますヨ
自分も働いている時は、「男」 になってますし(笑)
次のなでしこへの質問 自分で、タイヤチェーンを装着できますか
(実は…私は出来ないので… チェーンは専務が担当です(笑))

みゆきさんを取材した、事務局のくりマロン&ちぇきより

取材中、ずっと笑いの絶えない温かい雰囲気の「帯広フーズ輸送」さん。
温かい休憩室を私達が取材で独占してしまった為、寒さ厳しい倉庫から
他のドライバーさん達が、みゆきサンの取材風景を伺う様子が印象的でした。
仕事後の休憩室での仲間との雑談も、みゆきサンの楽しみの一つだとか…。

信号待ちとかで、子ども達から手を振られることも有るよ」という、みゆきサン。
私たちHaKoBuスタッフだけでなく、やはり子ども達にも女性ドライバーは格好良く見えるようです。

取材中…三国峠の怪談話で盛り上がってしまいましたが、いつかみゆきサンの
運転するトラックで、昼間の三国峠を走ってみたいな~と、妄想するHaKoBuスタッフでした

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ
ナデシコ★ドライバー募集中 自薦他薦問わず

なでしこ★ドライバー

最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中