全国いすゞ巡り

全国津々浦々、ブラリいすゞ旅。
旅行ガイドには載っていないレアな地元情報も!

美しい海に囲まれています!

Vol.81
2019/02/26
いすゞ自動車九州株式会社 天草営業所

皆さんは天草といったら何を思い浮かべますか?天草四朗…。と言う人も少なくないかと思います。
そんな歴史も感じつつ、綺麗な海に囲まれた天草には、全員で13人という営業所があります。
どのようなスタッフがいるのか、早速話を聞いてみましょう

一番は信頼されること。

トップバッターは、「天草営業所を頼りがいのあるお店に」と語る、井嶋所長です!井嶋所長にお客様と関わる中で、心に残っているエピソードを伺いました
親御さんが社長・息子さんが常務と、家族で運送会社を営むお客様のトラックがある時、路上故障してしまいました。井嶋所長はとにかく急いで現場に向かい、顔や手、Yシャツを真っ黒にしながらにしながらお客様の車を修理しました。しかし数日後…、再度そのトラックが故障してしまい、常務の息子さんから「ISUZUはだめだ!他なら直してくれる!」とお叱りを受けました。トラックは買い替えることとなり、息子さんは他社でトラックの購入を検討しました。
ところが、社長は「ISUZUがあそこまでやってくれたのにそんなことを言うな。だったらお前が会社をやめろ!」と息子さんにおっしゃったそうです。

井嶋所長は社長の言葉に心を打たれ、感謝の気持ちでいっぱいになったそうです。
お客様の立場になって考えていくこと…それがやがて信頼関係に繋がっていくのだとHaKoBuスタッフは思いました。

一目置かれる営業所に...。

天草営業所のムードメーカー・髙本センター長は、エンジニア経験が長いですが、フロント業務も5年程担当しました。
インタビュー中も節々に感じる、お客様への気遣い、感謝、そしてその引き込まれるような会話術は、さすが
いすゞ自動車 全国技能者コンテストフロント部門3位」の実力だな…と感じました
髙本センター長は、昔から機械を触ることが大好きで、”好きなことが仕事になれば”と思いISUZUへ入社しました。
お客様から「他の修理工場に何回頼んでも直らなかったのに、髙本さんにお願いしたら一度で直った!!」と感謝の言葉を頂く時が、何より嬉しいそうです
しかも…今まで「会社に行きたくない…」と思ったことは無く、休日も会社に来てしまうほど会社が大好きなんだとか(笑)エンジニアもフロントも、天職なのでしょうね

後輩を指導する上で意識していることも教えてもらいました。
とにかく、まずは自分がやってみせること。出来なかったら出来るまで見せて教えます。今は、この天草営業所を大きな営業所に負けないくらい、一目置かれるような場所にすることが目標です。
これからもますます進化し続ける天草支店、目が離せませんね。

憧れの人物はなんと!?

天草営業所・最年少エンジニアの島田さんは、お父さんが運送会社を経営しています。
その影響で、幼い頃からトラックは身近な存在で、ISUZUの営業所にも足を運んでいました。
数年前、父親と一緒に天草営業所を訪問した際、何度修理に出しても直らなかったトラックを一発で直してくれたエンジニアがいました。その技術力を目の当たりにし、強い憧れに変わりました 。このエンジニアの下で働きたい!』それがISUZUへ入社したきっかけです。
技術力で人の心を掴んだエンジニア…その正体は…現センター長の髙本さんです。
HaKoBuスタッフは胸が熱くなりました

最近では、父親とトラックについて細かい話が出来るようになったのが嬉しくて』と照れくさそうな、島田さん。優しい口調と柔らかい笑顔がとても印象的でした
これからたくさんの経験を積んで、お父さんとトラックについてふか~い話をされるのでしょうね

新しい環境も楽しさに変える。

中学生の頃から機械に触れるのが大好きで、ISUZUへ入社したという石本さん。
この春で入社20年目を迎えますが、18年間エンジニアとして技術を磨いてきました。
つまり、現在のフロント業務は1年目!
”やっぱりエンジニアとしての仕事に戻りたくなりますか?”という、HaKoBuスタッフの質問に「それは無いですね」とキッパリ宣言する石本さん
エンジニアからフロント業務になり、『お客様と接する機会が一気に増えたので、戸惑いはありますが、お客様の想いやニーズを直接感じることができる現場は、とてもやりがいを感じます。最近は少しずつ慣れてきて、お客様との会話が楽しめるようになってきました。お客様に感謝して頂いた時に、とてもやりがいを感じるので、例え叱られても次には活かすことを心がけています。
新しいことに挑戦していく石本さんの姿はカッコいいですね

番外編!!世界遺産 天草崎津集落

天草には何が隠されているのか、HaKoBuスタッフが調査して来ました

2018年7月世界遺産として登録された天草の崎津集落
朝、早起きして崎津天主堂へ行ってきました
ここで驚いたことは、崎津天主堂が世界遺産に登録されたのかと勘違いしていましたが、その天主堂の周り一帯、家屋や道全体が世界遺産に登録されているということです。
江戸時代キリスト教が禁じられている中で、日本の伝統的な宗教や一般社会と共生し、約200年以上もの間信仰し続けた崎津集落。伝統の町並みが連なり、その町並みからは水が透き通る羊角湾が見渡せます
HaKoBuスタッフが写真を撮っていても、たくさんの方が声をかけてくれてとても温かい雰囲気の場所でした

天草さをり織り♪

教会と言ったら….
続いてはこちら。道の駅で見つけた可愛い色合いのトートバック。
こちらは天草さをり織りといって「天草きぼうの家」でひとつひとつ手作りされています。
写真のバックは崎津天主堂が描かれていますが、他にもイルカやタコの柄が店頭に並んでいました。同じ柄でも同じ色合いのパッチワークはひとつもありません。自分好みの色合いを見つけ、HaKoBuスタッフも一目惚れして思わず手に取り購入してしまいました

巨大なタコ現れる?!

天草営業所に向かう途中、道の駅有明前に巨大なタコのモニュメントを発見
高さはなんと3m、横幅も4.5mあります!平成17年10月18日にありあけタコ街道のシンボルとして建立されたそうです。
このモニュメントのすぐ近くの道の駅でも、美味しいタコが食べれますよ
皆さんも天草にいらっしゃった際、こちらで記念撮影はいががですか

天草の海鮮料理は絶品!

美しい海に囲まれている天草はとにかく海鮮料理が美味しいです
「海鮮料理が食べたい!」と思ったらすぐへ天草へ行きましょう
どの海鮮料理も美味しいですが、特に”ウニ”が最高に美味しかったです

天草サンセットライン

天草の西海岸沿いを走る国道389号を”サンセットライン”と呼びます
最後は東シナ海を一望できる天草西海岸からのサンセットは、美しくてつい見惚れてしまいますね。
ぜひ皆さんも、天草に足を伸ばしてくださいね~!

さて、恒例の「ここで一句!」
事務担当の吉本さんが詠んでくれました
吉本です。 昨年、天草が長崎の島々と一緒に潜伏キリシタンで世界遺産登録されましたので、そのお祝いを兼ねて詠んでみました。 天草は長崎県とお思いの方が多いので
祈りの島 マリア見守る 乗車かな


吉本さん、ありがとうございました

*天草営業所で撮影した『いすゞチルドレン』の記事もぜひご覧ください

いすゞ自動車九州株式会社 天草営業所
住所:〒863-0001 熊本県天草市本渡町広瀬1660-1
TEL:0969-22-3145 FAX:0969-22-3147
詳細はこちら

お近くの営業所

全国の営業所一覧へ

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ
いすゞ巡り この販社が知りたい! リクエスト募集中

おすすめ HOT TOPICS

募集中