全国いすゞ巡り

全国津々浦々、ブラリいすゞ旅。
旅行ガイドには載っていないレアな地元情報も!

人間ドックを受けてみませんか?

Vol.80
2019/01/24
いすゞ自動車の企業立病院『いすゞ病院』…後編

いすゞ病院 健診部門のスタッフをご紹介!

『いすゞ病院』…前編の記事では、総合事務・看護師の方をご紹介しましたが
後編では、人間ドック・健康診断・予防接種などを行っている『健診部門』のご紹介をします。
さっそくのぞいてみましょう

わかりやすく、正確に伝えることを心がけています!

健診部門は病院の他の科とは違って健康な方が来る場所。
ここで、人間ドックの予約~受診当日~結果作成~請求などの健診事務を担当しているのが岡田サンです。
電話での予約が多いので、とにかく相手に伝わりやすい言葉を選びながら、そして復唱しながら予約を進めています。男性が奥様の予約することも多いので、婦人科の説明などは特に難しく感じています。
必ず、予約日時は繰り返しお伝えするように心がけています』と本当に温かい笑顔の岡田サン。
実際にHaKoBuスタッフも人間ドックを受診した際には、岡田サンにお世話になりました。専門用語もわかりやすく説明してくれるので、とても安心して受診することができました

人間ドック受診の注意点は?

人間ドック受診前の注意点を岡田サンに伺いました。
現在の身体の状態をご自身に知って頂きたいので、ドックの検診日に合わせて無理にダイエットしたり、禁酒などせずに受診いただきたいですね。そして二次検査などの通知があった場合は、絶対に再診していただきたいです

いすゞ病院では、人間ドックの際の健診着は男性は、女性はピンクです。とてもリラックスして健診ができます
毎月3回、火曜日には女性専用 ”レディースドックデー” もあり、女性中心のスタッフで対応してくれます。
(いすゞ病院・人間ドックの詳しい情報は → → → こちらから

検査技師の仕事とは?

超音波診断装置を手際よく操るのは、検査技師の影山サンです。影山サンは子どもの頃から「理科」の授業が大好きで、顕微鏡を覗いたり実験にも興味津々でした
高校生の時に先生から”検査技師”という仕事を紹介されて、そこで目指すことを決めました
高校生の頃に決めた夢を叶え、ずっと輝き続けているなんてカッコイイですね

影山サンが国家資格を取るために通った学校は、なんと9割が女性 確かに、健診などで採血・心電図・超音波を担当して下さる検査技師は、女性ばかりですね
手先の器用さと、正確かつ迅速さが大切なお仕事、
自分が好きなことをお仕事にかえた影山サンに見てもらえるのは非常に安心ですね

放射線を使った検査を担当しています!

放射線科の鈴木サンは、放射線や強力な磁石(MRI)を使って、外から見ることのできない体の中の骨や臓器の画像を映す、放射線技師です。
小さい頃、病院にお見舞いに行った時に”人の命を救う仕事”を知って、職業として意識するようになりました
HaKoBuスタッフは女性ばかりなので、放射線技師の鈴木サンに「マンモグラフィ(乳房撮影)」についての質問が相次ぎました 検査の痛みの感じ方は人それぞれ違うけれど、耐えられない痛みではないこと…、リラックスして検査を受けることで痛みが軽減すること…1年に1度は受けて欲しいこと…鈴木サンにたくさん教えて頂きました(鈴木さん、写真左)
リラックスしてもらえるように、診察前の説明や言葉がけも大切にしていますよ』という鈴木サンの言葉を聞いて、来年は絶対にスタッフ全員受診しますと誓いました。

保坂ドクターの仕事をお子さまにもわかりやすく説明していただきました!

保坂ドクターは、風邪やお腹をこわして困っている人に、薬をだしたり、注射をして助けたり、健康診断で、体の調子が悪くないか調べる仕事をしています。大変な手術が必要な時は、専門の病院へ紹介します。痛みが改善されて患者さんが笑顔を見せてくれると、とても嬉しいです。

子どもの頃に、昔の有名な医師の伝記を読んで自分も病気で苦しんでいる多くの人を助けたい!と思い、医師を目指しました。たくさんの本を読み、勉強して多くのことを学びました。医師になってからも勉強し、人の話をよく聞いて医師としての訓練を続けます。大変ですが、医師の仕事は人々を笑顔にできる仕事です。

*ドクターのたくさんの努力のおかげで、患者さんに笑顔が生まれるのですね

HaKoBuスタッフは取材で度々、トラックドライバーさんとお話する機会があります。ドライバーさん達の職業病とも言われる「腰痛」「脱水症状」「トイレの我慢」「日焼け対策」などについて、今回は特別に保坂ドクターにアドバイスをいただきました ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

トラックドライバーのみなさんへ【保坂ドクターからのアドバイス】

------------------------------------------------------------
腰痛予防には、まずは運転座席を見直しましょう
座面・背もたれの角度を適正に調整してから運転をスタートさせましょう。腰背部の安定した支持、運転に伴う振動の減哀効果に優れたものの使用がおすすめです。

運転の時間管理をしっかりとお願いしたいです
休息の際には車両から降りてストレッチング等を行い、筋疲労からの充分な回復をはかってください。(運転座席への拘束姿勢と運転に伴う振動は腰痛の原因の一つです)

トイレは我慢せず、水分はしっかりととりましょう
大きなトラックを停められる駐車場を探すことは大変だと思いますが。膀胱炎や熱中症を防ぐために水分をしっかりとり、トイレも我慢しないようにお願いしたいです。

日焼けは紫外線による皮膚のやけどです
長袖・長ズボンなどを着て、皮膚に到達する紫外線をできるだけ減らしましょう。そして日焼け・皮膚がん・皮膚の
光老化を予防するためには、日焼け止め(サンスクリーン剤)を塗る対策も忘れずに!

光老化:皮膚の慢性的な紫外線障害で、シミやシワが増えること

『いすゞ病院』のスタッフの皆さん、HaKoBuへの取材協力ありがとうございました。

『いすゞ病院』…前編の記事は、こちらから。

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ
いすゞ巡り この販社が知りたい! リクエスト募集中

おすすめ HOT TOPICS

募集中