全国いすゞ巡り

全国津々浦々、ブラリいすゞ旅。
旅行ガイドには載っていないレアな地元情報も!

拠点全員、フル稼働!

Vol.63
2016/11/15
いすゞ自動車中部株式会社・長野支社・飯田支店

長野名産の果物が、たわわに実る10月
綺麗な秋晴れの下、長野いすゞ飯田支店へお邪魔しました

飯田市には、あの有名な善光寺の名前のもとになったお寺の「元善光寺」があり、「一度詣れよ元善光寺、善光寺だけでは片詣り」という言葉もあるんですよ

そんな元善光寺のほど近くにある飯田支店は、長野いすゞの本社から一番遠い拠点でもあります。
どんな拠点なのか、早速ご紹介しましょう

少数精鋭、勢揃い!

飯田支店のスタッフは、営業3人、部品2人、フロントマン2人、サービス6人、事務1人、工場長の、計15人

長野いすゞの中でも一番人数の少ない拠点ですが、
繁忙期には、4つのストールをフル稼働させながら、1日あたり約20台もの入庫にあたります。

でも安心してください!
ここには強力なオールラウンダー達が揃っているんです


いざという時には、
フロントマンがサービス工場に入ったり、
メカニックがフロントまで対応したり、
事務職員が部品出庫したり、
と、担当の枠を超えて仕事をこなします

男性社員が全員サービス出身という経験値があるのも、大きな武器だそうです

若さ溢れるメカニック! その平均年齢は…!?

そんな飯田支店の、サービス工場に潜入します
この日は4人のメカニックに突撃できました

皆さんのイケメンっぷりを見て、これは大々的に紹介せねば…!との使命感に燃えたHaKoBuスタッフ
全員のワンショットをGETしましたよ~

左上から反時計回りに、
拠点最年少、なんと22歳の井原さん
ばっちりポーズを決めてくれた山下さん
ちょっぴりシャイな宮島さん池上さんは、山下さんの愛車と一緒に

飯田支店メカニックの平均年齢はなんと、 27歳

若い力で、拠点を盛り上げているんですね

入庫の多い9月には、井原さんの元気な 「オーライ!!オーライ!!」 の声が響いていたそうですよ~

事務所の巻☆

続いて事務所から、3人の社員をご紹介します

中央に映っているのは、支店長の下出さんです
下出さんは支店長でありながら、営業マンの一員として毎日バリバリ外回りに出ています
取材の道中では、営業マンならではの、お客様との秘話を沢山お話してくれました
中には、身震いしてしまうほど素敵な感動話も… いつかHaKoBuでも紹介したいです

左側は、経理&事務担当の塩澤さん
拠点に着いて真っ先に、優しい笑顔で迎えてくれました
なんと取材スタッフの為に、おいしいお菓子まで用意して待っててくれたんですよ~

右側は、サラサラヘアーがとっても美しい小島さん 部品&事務を担当しています
とても面倒見の良い小島さんが率先して拠点のスタッフさんを次々紹介してくれたので、
取材は大大大助かりでした

小島さんは、8月にこの飯田拠点で取材した「いすゞチルドレン」でも、お子様の相手をしてくれたんですよね
その時のひろたか君は、10月に行われたトラック協会イベントにも来てくれて、
飯田支店の皆さんとの再会を喜んだそうですいすゞチルドレン記事はこちらから☆

そうそう飯田支店の女性社員の制服は、少し珍しい?パンツスタイルなんです
スカートと選べるのですが、身体を動かす仕事も多いため、自然とパンツスタイルを選ぶのだそう。

この休憩室の掃除はもちろん、繁忙期には、小島さんが納車に行ったりもするんですよ~

ちなみに写真に映っているのは、営業の原課長
綺麗な休憩室で、説明にも気合が入ります

一人ひとりを大事に、支えあう。

冒頭に触れたとおり、少数精鋭で支えあっている飯田支店は、
一人ひとりの力がとっても重要です。

その重要な「ひとり」を大事にするため、全額会社補助のもと、
毎年全員がインフルエンザの予防接種を受けています
日頃から、自分が倒れるわけにはいかない!という使命感を持って仕事をしているんですね

皆さんから伺ったお話、社員同士の繋がりの深さからも、
”支店一丸” の雰囲気を強く感じる飯田支店でした

写真は、塩澤さんが用意してくれた飯田銘菓の赤飯饅頭甘くておいしいんです

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ
いすゞ巡り この販社が知りたい! リクエスト募集中

おすすめ HOT TOPICS

募集中