全国いすゞ巡り

全国津々浦々、ブラリいすゞ旅。
旅行ガイドには載っていないレアな地元情報も!

お客さまに安心をお届けします!茨城いすゞ!

Vol.30
2012/08/03
茨城いすゞ自動車株式会社 水戸営業所

まずは茨城いすゞ本社より…

今回の「全国いすゞ巡り」は、茨城いすゞ自動車をレポートします!

まずは茨城いすゞの本社からご紹介しましょう
写真は本社の入り口です。

こちらの本社には、サービス工場は併設されておらず、
本社機能のみのビルです

こちらの写真で、本社の隣にある立体パーキング
「茨城いすゞビル駐車場」です
いすゞの販売会社では、このような立体の駐車場は珍しい光景です もちろん、一般の方の利用もできます。

近くの某テレビ局の鉄塔についたカメラから流れる、毎朝の水戸市内の映像に、必ずこの本社の上の赤い看板と、いすゞパーキングの看板が映るそう
周りは白っぽい建物が多いため、この赤い看板たちがとても目立つんだそうですよ

いよいよ水戸営業所!

茨城いすゞの本社から車で30分ほど走ったところに、水戸営業所があります
とても広大な敷地で、面積はなんと10,000坪
整備ができる「ストール」と呼ばれる整備場は全部で20ストールもあります

まずなんといっても、一番目立つのがこの大きな屋根
「キャノピー」と呼ばれています。

この「キャノピー」、大型のトラックが3台止められるような設計になっています イメージするとこんな感じ…⇒⇒⇒
ここへ車を止めて、そのまま受付へ。
「いらっしゃいませ!」

雨が降っていても、車から受付まで濡れずに行くことができます

こちらは大型の車両のストール側です。
大きな「ISUZU水戸」の文字

水戸営業所の南側には、高速道路の「北関東道」が走っていて、この「ISUZU水戸」の文字は、その「北関東道」から見えるように書きました

この大型ストールの裏側には小型ストールの入り口がありますが、そちらにはこの文字はありません

こちらがストールの内部です
写真右側が大型用のストール、左側が小型用のストールです。

真ん中に、2本の黄色い床がありますね?
こちらは、「歩行帯」で、メカニックは作業している間、ここを歩く約束事があります
水戸営業所には、メカニックは現在18名いて、
一つ一つのストールごとに、担当者がいます。
ストールの掃除は、それぞれが自分で行います

水戸営業所のストールの床は、「アルカリイオン水」で
洗うことにしています

これが「アルカリイオン水」のタンクですが、これを使用して洗うと、洗剤は不要、なんですよ

洗剤を使用しない理由…。

その理由は、こちらにありました

これは、「バイオ」を使った「排水処理装置」です
「バイオ」とは「微生物」のことで、この処理装置の中に生きています
その「バイオ」たちが、工場から出た排水を、一生懸命きれいな水へ分解してくれるのです

実は、この「バイオ」たちは、洗剤にとても弱いのです

先ほどのストールの床を洗った水も、こちらに流れてくるため、床は洗剤を使用しないで洗うことにしています

もちろん、この「バイオ」、生きているので、エサである「栄養剤」や「酸素」などもきちんと与えています

さて、工場から少し離れたところに、別棟で建物がありました

「あの建物、食堂なんですよ~」と言われ、お昼から少し時間が過ぎていましたが、中を見せてもらうことに

「ちょっと鍵取ってきますわ~」と、事務所まで鍵を取りに行ってもらい、再び食堂まで戻ってきた、こちらが工場長の上田さんです。
おっ、自転車に乗ってますね

こちらの自転車は、水戸営業所の立派な「従業員」の一人

水戸営業所は広いため、工場の隅々まで確認するには、広い敷地を行ったり来たり…。移動するだけで、かなりの時間をロスしてしまいます…

そのため、この自転車、工場長やフロントマンにとっては、なくてはならない、大切な「相棒」なのです

こちらが食堂です
1食380円で、ご飯と味噌汁は食べ放題なんだとか
キッチンがついているので、もちろん、この食堂で手作りされています

お客さまもご利用いただけますので、ぜひ一度食してみてはいかがですか?

こちらは、水戸営業所の入り口にある、花壇です
アジサイがとってもきれいに咲いていますね

アジサイの隣に植わっているのが、「サツキ」です

水戸営業所は、今から2年前の2010年6月に完成しました。
その際に、スタッフは1人1本の「サツキ」を、営業所の周りに植えました
この「サツキ」、営業所入り口だけでなく、営業所の周りを一周する形で植えられているんですよ

水戸営業所の中には、神社がありました
本体は水戸八幡宮より分けて頂いた「氏神様」です

もちろん、きちんとお水もお供えしています

こちらの「氏神様」が、広い水戸営業所を守ってくれているのですね

こちらは、水戸営業所の入り口付近に飾ってある、「エルフ」です

かなり昔のモデルですが、あるお客さまがレストア(保存のために修復・復元)して、寄贈してくださったんです

この「エルフ」は営業所の入り口で、いつもお客さまをお出迎えしています

営業所の周りを歩いていると、
「HaKoBuの取材ですか~次は水戸が載るんですね~」と、ニコニコと近づいてきた人がいました

茨城いすゞでTOPのセールスマン、車両課長の加藤さんです
「恥ずかしいのでやめてくださいよ~」と言いつつも、登場していただきました

さて、こちらの写真は、水戸営業所の主要メンバーです

左から、部品課長の藤枝さん、
車両課長(小型担当)の大曽根(おおそね)さん、
真ん中が、ここ水戸営業所の親方である、所長の坂本さん。
そして先ほど自転車に乗っていた、工場長の上田さん、
一番右が、上で登場した、車両課長(大型担当)の加藤さんです

ここで恒例
所長の坂本さんに一句詠んでいただきました。

茨城の水戸は、言わずと知れた江戸副将軍で水戸藩主であった、「徳川光圀(みつくに)」、有名な「水戸黄門」のお膝元ですね

また、水戸市には、日本三名園のひとつである「偕楽園」があり、
この「偕楽園」もまた、水戸藩主であった徳川家ととてもゆかりの深いものです

水戸営業所の紹介、いかがでしたか?

私たち水戸営業所は、最新の設備と、確かな技術で、お客さまに安心をお届けします

環境へも配慮しつつ、お客さまの稼動を止めない様、しっかりとサポートします

水戸営業所にお越しの際は、お気軽に声をかけてくださいね

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ
いすゞ巡り この販社が知りたい! リクエスト募集中

おすすめ HOT TOPICS

募集中