全国いすゞ巡り

全国津々浦々、ブラリいすゞ旅。
旅行ガイドには載っていないレアな地元情報も!

うつくしまふくしま!

Vol.28
2012/03/28
いすゞ自動車東北株式会社 会津支店

震災から1年…、大変な1年を乗り越え、
頑張っている「いすヾ自動車東北株式会社 会津支店」をご紹介します

こちらの写真、いすゞ自動車東北 会津支店の看板ですが、
青空の奥の「裏磐梯」 見えますか?

この日は晴天
まだ雪を被った磐梯山が青空によく映えますね

ここ会津支店では、危機管理への意識が非常に高いと感じる要素を多く発見

整備場、事務所、部品庫…、至る場所に必ずスローガンが貼ってあります
こちらの写真は事務所と部品庫。

こちらの二つのスローガンは、工場内にあります。
「『変えるな』『省くな』基本作業」は、支店長である長谷川さんが考えたものなんですよ!

部品庫は、主に大物部品の格納用に、可動式の棚が設置されています

また、こちらの写真の通り、会津支店の部品棚は、全て棚上部を連結してしっかり固定されています。

そのおかげで昨年の東日本大震災の際には、棚ごと倒れる被害がなく済んだそうです。

今後、日本でいつどこで来てもおかしくない、
といわれる大地震に備え、このような対策を
見習わなくてはと考えさせられます。

また、会津支店では今まで事故が0(ゼロ)
普段から危機管理意識が徹底されています。
「そういったことも、地域のお客様から信頼されている証だという
気持ちを忘れずに、日々徹底して「安全」を意識しています。

また、拠点全員で年二回、献血を行っているとのこと!
地域に根付く販売会社として、地域活動への意識も高いんですよ

さて、事務所の中に入ってみて、気がついた、この看板…。

「雪上車課」??

なんですか?これは
皆さんは、何だと思います?

上の写真の「雪上車課」。
その名の通り、「雪上車」を扱う部署で、
なんと冬季限定運営の部署なんですよ


この写真のような、雪深い会津地方ならではの、除雪車
近隣のスキー場へも、圧雪車の販売や修理を行っています
スキー場が仕事場とは
有名なスキーリゾート・猪苗代湖のある、福島ならでは、ですね

会津支店でも、2台保有しています

会津支店には、「自重計検定機」というのがあります

「自重計」とは、過積載(荷物の積みすぎ)を防ぐ安全装置で、
「今、何トンの積載量か?」を示す、メーターのことですね。

その「自重計」が、正しく計測できているか??
を計るのが、この「自重計検定機」です
いすゞ福島支社の中では、いわき支店、福島支店、会津支店の3拠点のみで保有しています

さて、こちらは、笑顔の素敵な検査員の二瓶(にへい)さん
突然の取材にもかかわらず、とって素敵な笑顔で受け答えしてくださいました
とてもお若いのですが、意外にも娘さんが2人もいらっしゃるパパなんですよ

二瓶さんが検査員の資格を取られた当時は、支店に検査員の数が少なかったそうです
先駆けに等しい存在として、後輩の育成を一生懸命やってきました
そのおかげで、今は若い人も、二瓶さんの背中を見て、お客様の安心のため、働いています

こちらは、先ほどの工場内のスローガンを考えた、
支店長の長谷川さんです。

一句、いただきました。
「風評を 宝の山が 涙ぐむ」

宝の山とは磐梯山のこと。
会津も震災後、3~4割の人口が減ってしまったそうです。

会津支店と福島支社は、「うつくしまふくしま」の復興を願い、これからも地域の「運ぶ」を支えていきます

とにかくデカイ!会津のB級グルメ

会津で最近話題のグルメをご紹介しましょう

こちらの写真をご覧ください!
B級グルメの、「ソースカツ丼」です

とにかくこのデカさ
カツが3枚、その重さ、なんと400gも乗っかっているそう!
ボリューム満点ですね

これを食べて、東北地方に元気をモリモリ届けましょう!!

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ
いすゞ巡り この販社が知りたい! リクエスト募集中

おすすめ HOT TOPICS

募集中