事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

復興へ向かって! 気仙沼!!

宮城県の気仙沼にやってきました
復興が遅れていたこの地域は震災から8年が過ぎた今でも工事がおこなわれています。
更地が多くありましたがようやく建物が建ちはじめました
そこに新しい建物が出来たので行ってみることにしました

ここは気仙沼本土と大島を結ぶ連絡フェリー乗り場があったのですが「気仙沼大島大橋」が開通したのでフェリーは廃止されてしまいました
連絡フェリーは100年以上地域の足として歴史があったそうです。
こちらに来るといつもフェリーが行き交う姿を見ていたのでちょっと寂しい気分になりました

こちらのモダンでお洒落な建物は、地域FMラジオのスタジオ、講座やサークル活動の拠点となるコミニュティースペース、港が一望できるカフェがあり、今後はフェリーの桟橋から観光船が発着する予定があるそうです
気仙沼湾の周遊クルージングが楽しみですね

お昼の時間になったので「南町紫市場商店街」の「塚本八百屋」さんに行ってきまーす

さて 今日のメニューはなんだろう・・・・

インドネシアの炒飯「ナシゴレン」とタイのカレー「マッサマンカレー」でした
「ナシゴレン」はインドネシアの調味料、ピリ辛なサンバルが香ばしいコクを出し、「マッサマンカレー」はココナッツミルクのマイルドさと炒ったピーナッツがアクセントとなって、どちらも美味しかったです
この料理はシェフが海外へ行って研究し、その国の本場の味を再現したそうですよ

かつて被災地であった場所ではいろいろな試みが活発におこなわれています
八百屋さんのルーツを持つこのお店では新鮮な野菜を使ったエスニック料理が食べられます
今まで無かったイノベーションが東北から発信されています

「南町紫市場商店街」で、もうひとつの”熱い”お店はコロッケ屋さんです
地元のお客さんにも大人気なんですよ
お弁当も人気でお昼には復興工事の作業者の方がたくさんやって来ます

お目当てはお持ち帰りアツアツコロッケと、特別メニューの揚げたて季節限定の宮城県産牡蠣フライです
小粒で濃厚な味わいが素晴らしくおいしくいただきました

イベント情報

5月12日(日)に南町紫市場商店街周辺で「第25回 気仙沼オールドモータースミーティング」が開催されます
懐かしいクルマたちがたくさん出展されますよ
商店街でお買い物をすると いすゞのボンネットバスに乗車できるかも
時間は10時~15時までとなっておりますので、是非お出掛けください
☆開催場所はコチラから⇒南町紫商店街

「災害復興住宅」という震災で住む家を無くした住民の方のために建てられた建物があります。
その中央広場の中で気になるものを見つけました。
それは今までこの町が歩んできたストーリーを親しみやすく漫画にした看板と、震災の大津波で大きくねじ曲がり赤く錆びた鉄骨で、そこからは津波の大きな破壊力が分かります。
この展示から、ここを訪れる人、ここに住む人、これからの人へあの日を”わすれない”記憶を”つなげたい”というメッセージを感じました

あるものを見学するために岸壁へやって来ました
それは延々と続く「高い防潮堤」。今も建設中でした。
この防潮堤は再び大津波が発生した時に住民を守るために建設されています。

その防潮堤のところどころに「窓」がありました。
それは高くそびえたつ防潮堤の向こう側にある、海の様子が見られるように設けられたそうです。
この窓から見える風景は、本当の復興をしたこれからの気仙沼であってほしいです

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中