事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

いすゞチルドレン、再来!

2年前の夏に『いすゞチルドレンNO.34』に出演してくれた、ひろたか君。
夏休みの自由研究で『トラック』について調べているうちに、エンジンの内部構造について
解決できない疑問がでてきました

そこで…2年前に撮影で訪問した、飯田支店に問い合わせをしたところ
少しの時間ですが、ひろたか君の疑問を解決するお手伝いをしようということになりました。
事前にFAXで「質問書」を送ってもらい、ひろたか君のご来店に備えました

ひろたか君の質問に、飯田支店のスタッフはどんな回答をしたのでしょうか
実際はもっと詳しく説明していますが、簡単にQ&Aをご紹介します。
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q1:トラックのエンジンは直列6気筒なのか直列4気筒なのか
(プラモデル大型が4気筒が載っていた?)

A1:6気筒・4気筒どちらのエンジンも使っていますが、大型トラックの場合は主に6気筒エンジン、中/小型トラックの場合は4気筒エンジンを使っています。(以前はV型エンジンもありましたが、今は直列エンジンが主流です。

Q2:日本のトラックはキャブオーバーでボンネットタイプが無いのはなぜ?
A2:以前はボンネット型が有ったが、全長12mで荷台の容積効率を考えるとキャブオーバータイプになると説明

Q3:トラックはディーゼルエンジンが多い理由は?
A3:トラックは荷物を運ぶので引っ張る力(トルク)がとても重要。低回転でトルクが出るのはディーゼルなので燃焼効率がよく、燃費もよく、ディーゼルは価格も安い 沢山燃料を使うトラックはディーゼルがオススメ。と説明

Q4:ピストンはたてに動くがどうやって回転するの
A4:ピストンの立て運動をクランクシャフトで回転運動に変えていると説明
(載せ替えエンジンがあったのでエンジン単体で説明)

その他にも、検査場スピードテスタにも興味があり、エアコン修理入場車で電装屋の担当者にもエアコンについて、ひろたか君は積極的に質問していました。

「今日はエンジン汚れてていてわかりずらくてごめんね!」とひろたか君に言うと、「がんばったエンジンだからしょうがないよ」と言われてしまいました。

藤沢に出来た「いすゞプラザ」の施設を紹介して、「きれいなエンジンを見て来てね」とオススメしました。

-------------------------------------------------------------------------------------------
取材したお子様が、その後ずっとトラックやいすゞに興味を持っていただけること…。 取材協力した拠点のスタッフも、HaKoBu事務局も何だかとっても嬉しかったです
ひろたか君、これからもトラックの事をたくさん勉強して詳しくなってくださいね。

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中