事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

いすゞチルドレン撮影風景

『いすゞチルドレン NO.41』の しょうご君&せいしろう君の記事は読んでいただけましたか
⇒ ⇒ ⇒ 【2人の記事はこちらから】

今回2人は、千葉から「いすゞプラザ」までやって来てくれました。
途中で電車が遅れるトラブルもあり たどり着くだけでも大変だったと思いますが
元気いっぱいに疑問を調べてくれました(案内は、いすゞプラザ・中尾が担当させて頂きました)

工場でトラックがつくられていく様子を再現した『ラインモデル』では、打合せをする人たちのヘルメットの色が違うことに気づいてくれました
黄色は検査員グレーは社員ライトグリーンはチームリーダーやライン長オレンジは保全(機械のメンテナンス)、白は組立作業員、と役割で色がわかれているよと説明すると、「ぼくたちの保育園もクラスごとに色が決まっているよ」と教えてくれました。

トラックの塗装を体験できるコーナーでは、真剣に説明を聞いて
スタートの合図に合わせて、自分の好きな色でトラックに塗装をしました
こういう時のお子さんの顔は真剣そのもので、かわいいですね

しょうご君は、いろんなトラックの運転席に乗れたことが楽しかったそうです
特に一番大きなトラック(GIGA)に乗れて、いすゞのトラックが好きになってくれたそうです

せいしろう君は、バスに乗ったことが楽しくかったそうです
いすゞプラザに展示されている「バス」は、誰かが降車ボタンを押しても、すぐに自分も降車ボタンを押せる仕組みになっているので、ボタンを押したいお子さんには大人気です

しょうご君&せいしろう君は、いすゞの車やトラックの事をなんでも答えてくれるプラザ・中尾のことを「いすゞの博士」と思ったそうで、撮影中は「博士!博士!」と慕っていました
撮影終了後は「ありがとう」と2人でお礼も言ってくれました

しょうご君&せいしろう君、『いすゞチルドレン』の取材、本当にお疲れ様でした。

みんなからのコメント

  • 「楽しかった、いすゞプラザの見学会」 投稿者:湘南のジェームス 2018/01/17 21:02
    2018年1月12日(金)にいすゞプラザへ見学に行きました。
    思っていた以上に立派で楽しいひと時が過ごせました。
    丁度、案内される方々は予約がいっぱいで、聞く事が出来ませんでしたが
    初めって行ったわりには順路表示がされていたためスムーズに進めました。
    一番感動したところは、ミニカーが自動で進む「いすゞミニチュアワールド」です。
    Nゲージなどが走るジオラマはよく見かけますが、ミニカーが自動で走るのは初めて見ました。
    また、その中でも昔のTVコマーシャルにそっくりないすゞジェミニが2台並んで走るところに感動しました。
    といった感じで日本は元より世界に誇れるミュージアムではないでしょうか・・。
    2020年東京オリンピック・パラリンピックには、さぞかし大勢の方々が見に来られることでしょう!
    そういうことで、いすゞ自動車のますますのご発展を心からお祈り申し上げます。
    敬具

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中