事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

3屯半 「SKW」製造記

またまた1/72スケールのいすゞSKWを製造することにしました
パーツを並べて検品しますが、部品の数が多く圧巻ですね

ミニカーサイズのキャビンですね
このキットはとても小さいですが、なかなか精巧なのでお気に入りのモデルです

キャビン製造

フロアボード&シートやダッシュボード、ステアリングなどのパーツを切出しました
どれも小さくて細かくてピンセットを使わないと組立てられません
運転席が完成しました

キャビンをOD色(オリーブドラブ)に塗装して、さきほどの運転席、ライト類、ウインドーを付けていきます
ウインカーレンズをオレンジに塗装してキャビンの完成です

シャシー製造

ひとつひとつの部品をランナーから切り離し、バリをヤスリで削り落とします。力加減を間違えると折れてしまうので
緊張の連続です
フレームにサスペンションや燃料タンクなどの部品をピンセットを使って慎重に取り付けていきます

続いてタイヤの塗装です
ホイールナットとホイール、タイヤ部分をそれぞれ色分けして塗装しますが、丸く筆で塗るのは、なかなかの集中力が必要なんですよ
ホイールナットは小さすぎるので息を止めて塗りました

完成したシャシーを塗装しましょう
色はセミグロスブラックという半ツヤの黒色です
ラジオペンチでつまんで、細かい部分にムラなく塗れるように数回に分けてスプレーするとキレイに仕上がりますよ

乾燥後にタイヤを組み立ててシャシーが完成しました

シャシーにキャビンを載せて、排気管を取り付けるとキャブ付シャシーの完成です

荷台製造

続いて荷台を製作します
平ボディーという平床の荷台に幌でカバーするスタイルですね
組み立てる部品はこのようになっています

この荷台のミソは隊員が座れるように折り畳み式の長椅子がついているところです
アオリと呼ばれる部分に長椅子を組んでいきますが、部品が極細でタイヘンです

床にアオリを組立てて塗装も完了しました
この荷台は後ろ側のアオリには乗降がしやすいようにステップがついていたり、長椅子を畳んで物資を運んだり
できるようになっています

さっそく荷台を搭載してみます
やっとトラックっぽくなりましたねー

仕上げに荷台の上に幌を取付けます
これで駐屯地などで見られるスタイルになりました
ナンバープレートなどのマークも貼り付けましたよ

おまけ

キャビンに付いているバックミラー
この部品も超★小さいのです
つまようじと並べてみました 鼻息で吹き飛んでしまいます~

ウェザリング工程

出来立てのピカピカな模型もいいんですけど、実車のような迫力があるのも魅力的です
本物のような汚れの化粧を施して実車感をだしていきましょう

ディスプレイ台製作

模型をただ飾るだけですと臨場感が出ないものです
ちょっと凝ったディスプレイ台を作ってみましょう
砂にエポキシ樹脂という固まる液体をまぜてコネコネします

硬化しないうちにささっと手早くならして、ワイルドな砂地の地面を作ってみましょう

ディスプレイ台のふちは残すのがポイントです
模型を配置する部分はタイヤが浮かないように平らに
まわりの地面は起伏をつけて荒野をイメージしました

模型の車両をセットして完成でーす

それでは 3屯半「SKW」作品ギャラリーをご覧ください

いすゞのプラモデル ⇒ ⇒ ⇒ 目次はこちらから

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中