事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

気仙沼 仮設商店街の「いちページ」

宮城県の気仙沼には、東日本大震災の大津波により被災した
商店が集まってできた仮設商店街がいくつかあります

ここは気仙沼港の近くにある「復興屋台村 気仙沼横丁」という
「ちょうちん」が特徴的な仮設商店街です

復興屋台村 気仙沼横丁はコチラから⇒

13店舗くらいの飲食店が中心に集まった屋台村スタイルの
仮設商店街で、広場にはステージもあり中央に建てられたポールは
大津波の最高水位の高さを示しています

気仙沼でも震災後の嵩上げ工事などの復興工事が計画されており
その影響で「気仙沼 横丁」は今年の3月20日で閉鎖されることに
なりました
すぐ近くまで復興工事が始まりダンプカーが忙しそうに走り
まわっています

この「気仙沼 横丁」ひとつひとつの店舗が、ブログでメッセージを発信していました
そこには「ありがとう」という感謝の言葉がたくさん綴られて
います

気仙沼には「南町紫市場」という仮設商店街もあります
「南町紫市場」は51店舗が入り建物が7棟もある大きな
仮設商店街です

残念ながらこちらも復興工事の影響で4月末に閉鎖が
予定されています

「南町紫市場」がオープンした頃は、周辺には壊れた建物
がたくさん残っていましたが、現在は空地となった場所が
多くみられるようになりました

この団地の一角のような景色が無くなってしまうのは
少し寂しい気がします
今後は新しい商店街の計画もあるそうですので、そこでお気に入りの景色を探したいと思います

南町紫市場の記事はコチラから⇒

震災から6年目となり仮設商店街の閉鎖が多くなってきています
工事関係者やボランティアが減少する中、賑わいが無くなってきているのも現実です。
いつまでも「復興仮設商店街」のスタイルのままでいられるわけでもありません。
仮設商店街の閉鎖は「本当の復興」へ向けてのステップであってほしいと思います。
今後も、変わりゆく気仙沼を見守っていきます。

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中