事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

ボンネットバス 銀河号、40数年ぶりの走行

HaKoBuマニア座談会にご参加いただいた片山様よりHaKoBu事務局
投稿が届きましたので、ご紹介します
------------------------------------------------------------------------------------

ことし2016年、車齢50年(五十鈴いすゞ)を迎えたボンネットバス・銀河号いすゞBXD30型(1966年(昭和41年)式 帝国ボディ)は、6月5日、作られて最初に活躍した奈良交通の山間地路線・五條~野迫川(のせがわ)線の、奈良・和歌山県境を越えた、和歌山県高野町の「東富貴(ひがしふき)」まで走りました

この路線は深い渓谷を眼下に見おろす断崖の道が続き、作られた当時、
今も残る車体番号1番違いの「現・シーカくん号」2番違いの「現・兵頭号」とともに活躍しておりました。
冬には積雪もあり、チェーンを巻いての走行もしておりました。)

今回、銀河号とっては実に40数年ぶりの走行で、道の狭さも景色も集落も当時とほとんど変わっておらず、東富貴には運転士さんと車掌さんの宿泊小屋も当時のままの姿で残されていました。

奈良交通のOBの方も暖かく出迎えてくださり、昔話も聞かせてくださいました。幹事さんは今回も、当時のナンバープレートや方向幕のレプリカも用意してくださり、半世紀前の光景が再現できました。

---------------------------------------------------------------------------------
片山様、いつも素敵なお写真とお手紙をありがとうございます

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中