事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

気仙沼の今…

HaKoBu 読者のハチドリさんから下記、投稿が届きましたのでご紹介します。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

先日、気仙沼へ“ばっぱ”(おばあちゃん)が作るお料理を食べに行きました その土地ならではの食べ物をいただくことは、皆さんも旅の楽しみの1つですよね
今回出会ったお気に入りは『あざら』。

あざらは、漬けてから時間が経った少し酸味のある白菜のお漬物と
魚のアラ、酒粕を一緒に炊いたもので、気仙沼で昔から食べられている
お料理だそうです。 日本酒好きにはたまらない一品ですね

おいしいお料理とお酒をいただきながら、気仙沼のこと、震災のこと、色々なお話を伺いました。
お店の方が見せてくれたのは、震災前からお店で使っているお皿やお椀でした。
震災の時に割れずに手元に残ったものや、震災後偶然見つけた大切なものだそうです。
よく戻ってきてくれたなと思って。本当は使わずにしまっておきたいくらい大切に思えるのよ
そう話してくれました。

次に訪れたのは、リニューアルオープンして1年の「気仙沼海の市」さん。
お買い物や食事ができる観光スポットで、2階には日本で唯一のサメの
博物館「シャークミュージアム」があります。
サメの博物館ということで、サメの生態が学べるのはもちろんですが、震災を乗り越えるために気仙沼の人がどんなふうに頑張ってきたのかを伝える展示がたくさんありました。

入口を入ったところに、気仙沼の市街地に打ち上げられた共徳丸を
1/60の縮尺で再現した模型が展示されています。
その模型を見て、何度もテレビで見た共徳丸を自分の目で初めて見た日のこと…周りに咲いていた花のこと…街の様子を思い出しました。

社長さんのお話では、気仙沼の歩みを見てもらえるように、今後も
展示物の入替も行っていくそうです。

いつもいつも温かく迎えてくださる気仙沼のみなさん。
商店街を歩いていても、お店に入っても、みなさん気さくにおしゃべりしてくれて、いろんなお話をしてくれます。

私は震災前の気仙沼を知りませんが、これから変わりゆく気仙沼の
風景をみなさんのお話とともに記憶に残していきないな…と思います。
HaKoBu 読者として、投稿を続けていきたいと思いますので
これからも掲載よろしくお願いします。

※シャークミュージアム内の写真は許可をいただいて撮影・掲載しています。

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中