事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

宮城の”ゆく年くる年” Ⅱ仙台

仙台でお正月を迎えました。ここで宮城県トリビアです。
正月といえば、「鏡餅」と「お雑煮」
ここ宮城県では鏡餅に「たま紙」という紙を敷くそうです。神棚用の「たま紙」の絵柄は”海老と鯛”の絵が描いてあり、仏壇用には”昆布”が書いてあったりするそうです。

お雑煮では、”焼きハゼ”で出汁を取り保存食の芋ガラや根菜類、セリを入れてはらこをのせます。
その他、餅料理もたくさん種類があり、ずんだ餅が有名ですが、納豆餅やクルミ餅なども食べます。
その土地のお正月は楽しいものですね

松島を通った際、雪景色となりました。
とてもきれいな景色で、思わず 写真を撮りました。
雪に覆われているので、まるで白黒写真みたいになりました
松島も震災の津波に襲われましたが、多くの島々が津波を和らげ致命的な破壊から守られました。
現在は復興が進み観光客が多く訪れ賑わいを取り戻したように見えます。
休日になると駐車場に入れないほど観光客で溢れています。

登米に到着したところで、幻想的な場面に遭遇しました
渡り鳥の群れの大移動です

何百羽という鳥が低空で飛んでいるため、鳴き声も聞こえました。
この近くには渡り鳥飛来地の「伊豆沼」があり、地元の方によると
季節でみられる光景なんだそうです。

初めて見たので感動しました
以前ご紹介したい「伊豆沼」の記事はこちらから。

夜になって気温がなんとマイナス6℃
ビリビリする寒さです

ちょっと写真が、わかりにくいですが、路面は完全に
カチンカチンに凍結しています。
人も車も滑るので細心の注意が必要です。
厳しい東北の冬を体感しました。

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中