事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

宮城の”ゆく年くる年” Ⅰ名取

宮城県に入り名取市閖上(ゆりあげ)の日和山にやってきました。
以前は、山頂に「神社」があったそうですが、3.11の津波によって
流れてしまいました。
その後、札授所が建ち、近くには鎮魂慰霊碑も建てられて
この周囲は【あの日を思い出す場所、あの人を想い出す場所】と
なっています。

震災から間もなく4年が経とうとしています。
瓦礫の姿は無くなりましたが、更地が広がり家の基礎もそのままという寂しい景色は変わっていません。
新しい街の計画案が出ても、見える復興につながっていくのはなかなか難しいのでしょうね。
*動画もご覧ください。

広い駐車場やトイレ、休憩所も整備されました。
他県のナンバーもたくさん見かけました。
多くの方々が訪れて、この場所での出来事を
自分の肌で感じて欲しいと思いました。

日以前ニュースで見た、和山のほど近くにある「ゆりあげ港朝市」へ行ってみました。
この日は歳末大売り出しいうことで、すでに駐車場は車でいっぱいでした。
新鮮な魚介類や地元野菜、仙台味噌や醤油、年越し蕎麦などが売られており年末の買物客で大盛況でした。
この市場で買った魚介類は、広場にあるバーベキューグリルで焼いてその場で食べることもできるんですよ

その後、沿岸部を仙台方面に移動しました。
荒浜や亘理にも立ち寄りましたが、閖上と同じ景色が広がっていました。

田んぼや畑では、津波の海水による塩害を改善するための工事が行われていました。
早く作物が育つようになればいいですね。
これからも、訪問を続けて変化を見守っていきたいと思います。

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中