事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

東北の今を知る…

HaKoBu 読者のハチドリさんから下記、投稿が届きましたのでご紹介します。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


夏休みに岩手県へ行ったので、その時のことをご報告します。

私の訪問した岩手県下閉伊郡山田町は、岩手県の沿岸部に位置し
海と山に囲まれ、自然に恵まれた町です。

そして…東日本大震災で壊滅的な被害を受けた町でもあります。


あれから2年5ヶ月を迎えた山田町…。
忙しい時間を割いて、友人のお父さんが船に乗せてくれました。
海にはたくさんの養殖いかだ浮かんでいて、1年前より
その数は増えて、なんだか嬉しくなりました。
お父さんのいかだには、牡蠣やホタテが養殖されていました。
どれも大きくてプリプリしています!


この日、海はとても穏やかでした。
海を見ながら、友人の伯母さんが繰り返した言葉を思い出します。
『こんなに穏やかな海なのにね…。』
その穏やかな海があの日、町に襲いかかりました。

友人はあの日、お母さんと一緒に逃げる途中で津波に流されました。
必死で近くにあった瓦礫にしがみつき、お母さんと2人…
九死に一生を得ました。
お父さんは、船を沖に出し、荒れ狂う海の上で瓦礫をよけながら
一晩中船を守り続けたそうです。

―海が怖い。もうここにはいたくない―


友人は震災後に山田町を離れ、今は内陸で生活をしています。
2年が過ぎ、今は船に乗ることもできるようになりました。
津波は恐い。でもやっぱり山田町が、海が、好きだといいます。
離れてみて改めて、どんなにいい町か分かったと言います。
お父さんは今も漁師です。自然を相手にしていれば、どんなに
頑張っても自分の力ではどうにもできない天災が起こります。
悔しくてしょうがない人災だってあります。それでも海と共に
生きていくと決めた人たち。私はこの町の人が好きです。
友人として、これからも山田町を訪れたいなと思います。


東北ってどんなところだろう?
そんな風に思ったら、旅をしてみませんか?
美味しいものを食べて、町の人と話をしてみませんか?
東北の今を知ること、言葉を交わし一緒に笑うこと
それはきっと町の人の元気に繋がると思います。

*ハチドリさんの他の投稿はこちらから⇒

みんなからのコメント

  • 「行ってみます!!!」 投稿者:リリー 2013/09/05 14:02
    ハチドリさん、レポート読ませていただきました。
    「ボランティア」というと、どうしても構えてしまい
    なかなか実行にうつせないのですが、東北を訪れて
    応援する。という形なら、僕にもできそうです。
    秋の連休を利用して、重い腰をあげてみようと
    思いました。 ありがとうございます。
  • 「ありがとうございます!」 投稿者:ハチドリ 2013/09/07 14:44
    リリーさん ありがとうございます。
    ぜひ秋の東北を楽しんできてください!
    その土地の人・風景・食べ物・伝統等々、いろいろなものに触れてみてくださいね。
    そしてよかったらそのお話も聞かせてください☆

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中