事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

厳しさと優しさで・・・【日本冷凍輸送㈱ Part2】

前回の記事から引き続き、『日本冷凍輸送株式会社』に勤務の
トラックドライバーをご紹介します!

1人目は、入社3年目の内田さん
内田さんは、スーパーへ食品等を運ぶ仕事をしています。

運転が大好き』と笑顔で答える内田さん
乗車するトラックの洗車も丁寧にしているそうです

そして…。
トラックは、仕事のパートナーであると共に
自分の命を預ける大切な乗り物。
日々の点検やオイル交換とも常に真剣に向き合います。

そんな内田さんに、トラックドライバーとしての信条を伺うと…。

入社3年目と言えども、ハンドルを握ればプロのドライバーなので
ほかの人の見本になれるように心がけています。安全を第一に考え
信号は先の先まで視野に入れて走っています。


と…インタビューの際も、常に真剣な眼差しの内田さん
HaKoBuスタッフは、魅了され取材しながら照れてしまいました

内田さんから、トラックドライバーとして、子ども達へのメッセージ
いただきました。

トラックは、危なくて恐いイメージがあるかも知れないけれど
トラックドライバーは、何よりもみんなの安全を一番に考えて
走っているんだよ。


誠実で真面目な内田さんの人柄が伝わるコメントですね

さて…2人目のドライバーは、今ご紹介した内田さんより更に若い
20歳の田中さんの紹介です。

優しい笑顔で、穏やかそうに見える田中さんですが…
仕事に関しては、自分に厳しい一面を何度も見せられました。

インタビュー中に、田中さんの口から一番多く出た言葉は
なんだと思いますか それは…

気を抜かない』 と 『プロだから』 という言葉。
そんな、田中さんの想いは、数字にもシッカリ表れています。

2トンの ELFで、平均8.94/kmの燃費をたたき出す田中さん
今年に入ってからは9/km以上をキープし、5月には10.25/km
数字を記録しました 田中さんに、その秘訣を伺うと…

法定速度の厳守は当たり前で、会社は50km走行を推進して
いますが、自分は45km走行を意識しています。
アクセルやブレーキは常に計算しながら踏み、エンジンブレーキの
有効利用や、アイドリングストップは当たり前です。
エアコンも無駄には、つけませんよ

自分に厳しい田中さん
「辛いな~と思う時もありますか?」という、HaKoBuスタッフの質問に
大丈夫です。配送先のお客さまから ありがとう の言葉をいただくと、本当に嬉しいですから』と、また満面の笑みを見せてくれました。

田中さんからも、トラック好きの子ども達へメッセージをもらいました!

日本中に物を運ぶ物流は、トラックが走らないと成り立たないんだよ! 毎日、元気に安全に日本の物流を支え続けますね

素敵なメッセージありがとうございました

今回ご紹介した4人の若手ドライバーさんは、間違いなくこれからの日本の物流を支えてくれます。
皆さんの今後の活躍を祈って、ELFの前で大きく羽ばたいていただきました

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
さて皆さん、真面目で頼もしい若手ドライバーを4人ご紹介しましたが、決して日本冷凍輸送株式会社の中から、特別に優れたドライバーさんだけをご紹介した訳ではありません。
HaKoBuスタッフが取材に伺うと、社員の方もドライバーさんも、皆さん「こんにちは」と必ず声をかけてくださり、そして誰もが動きがキビキビと素早いことが印象的でした。

会議室の壁に、企業理念のパネルが掲げてありましたが、その真横に
ドライバー3つの誓い」というパネルも掲げてありました。

企業理念を基に、ドライバー向けに作られた「ドライバー3つの誓い」は、月1回ドライバーの皆さんで唱和しているそうです。

そうした会社の雰囲気は、やはり社員を見守る管理者の努力なくして出来上がるものでは有りません。運行所長の氏家さんにお話を伺いました。

『企業理念は、まずは管理者たる自分たちが理解し、その上で社員全員で共有し、自分の仕事に落とし込めないと意味がありません。
この厳しい時代に仕事を頂いているお客様に感謝しお客様に喜んでいただく為に仕事をするというのが私達の原点です。
とにかく皆には、やらされている感を持たせたくないので、突拍子もない意見もまずは受け止めて、後からアドバイスしたり、この仕事の面白さを、話してあげています。
チーム別にポスター製作をするなど、自主的活動も見守っていますよ。
もちろん 厳しいことも言いますけどね…
ドライバーにも、1人でやってると思うな、仲間,チームでやっていることを意識して、配送を行うように言っています。 』

親御さんのような、厳しさと深い優しさで指導されているんですね

一方、その昔 長距離トラックドライバーをされていた 業務管理主任の高橋さんは、走っていない道路はないほど、日本中を走り回っていたそうです
その経験を生かし、ドライバーの技術面・精神面のフォローをしています。

また、若手ドライバーへの運行管理者試験を、会社が果敢に取り組んでいるので、資格試験の模試を作り、2週間に1回50~100問の模試を行える場を整えています。

その結果、2年間、3回の試験で20名以上が合格
この数字は凄いんですよ 運行管理者試験の全体の合格率は40%程度ですが、日本冷凍輸送㈱さんの合格率は、なんと80%まで向上
紹介した4人のドライバーさん達も、試験勉強に奮闘されていましたが、きっと良い結果を出してくれそうですね

更に、入間配送センターで要となっているスタッフのご紹介です

トラックは人間の体と同じで、病気にならないためには日々の検診が大切です 車に事故や故障が起きぬよう、メンテ・管理している「車両管理」部門、主任の篠原さん

他の従業員同様、今回、ご紹介した若手の4人のドライバーさんも、篠原主任に車両管理の知識を教えてもらっています。
豊富な知識と、明るく楽しいムードメーカー的な存在として、皆から慕われています。

そして、こちらは「安全管理」部門 丸山リーダーです。
事故分析なども行う、安全管理部門は、ドライバー教育の運営や管理を行い、ドライバーをバックアップしています。

優しい顔ですが、仕事には厳しく はっきりとした的確な表現で皆をまとめてくれます。
ご紹介した他にも、多くのスタッフに守られて、日々、豊富な知識と経験を重ねて、多くのプロドライバー育って行きます。

日本冷凍輸送株式会社は、厳しさと温かさで社員を育てる、とても素敵な会社でした。
皆さんと、お会いできたことにHaKoBuスタッフは、心から感謝しています。

★日本冷凍輸送株式会社さまの、第一弾の記事はこちらから⇒

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中