事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

金環日食2

5月の金環日食は、皆さんはご覧になられましたか?
HaKoBuサイトでも、スタッフの撮影した写真を紹介しましたが、HaKoBuサイト
専属カメラマン?の、茨城いすゞ自動車の、若林さんも「金環日食」の素敵な写真
届けてくれましたので、ぜひ 皆さんにもご紹介したいと思います。

*********************************************************************************************
2012年5月21日。
「世紀の天体ショー」と呼ばれる「金環日食」が、
日本の広い地域で見ることができました

そもそも、「日食」とは、「月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象」ですね
太陽が月によって全部隠されるときには「皆既日食(かいきにっしょく)」と呼ばれます
また、太陽のほうが月より大きく見えるために、
「月のまわりから太陽がはみ出して見えるときには「金環日食(きんかんにっしょく)」と呼ばれます
5月21日は、この「金環日食」が起こり、広い地域で、
「太陽のリング」をみることが出来ましたね

次回、このような広範囲で「金環日食」を見る事ができるのは、実に300年後
(北海道や本州中心、では見ることが出来る機会があります)

300年後は見ることが出来ない私たちと一緒に、
今回は、その「金環日食」の一部始終を、振り返ってみましょう
*********************************************************************************************

5月21日午前7時半から少し前
いよいよ始まりました!

太陽が欠け始めると、こうなります。
太陽の右端から黒くなっていますよね

月は、太陽の右上部分から、左下へと、動いていきます

太陽が三日月みたい!!

そして、完全に月が太陽の前に

これが、「太陽のリング」ですね
とても神秘的です

よーくみてみると…
月のデコボコがわかりますか?
この、「日食の際に月が太陽を隠し、月表面の凹凸の地形によって日光がビーズのように見える現象」
「ベイリービーズ」と呼びます。

何とかこの「ベイリービーズ」も写真に収めることが出来ました

そして、月は進みつづけ、7時40分ごろには、
元の丸い太陽に戻りました…

*********************************************************************************************

日本列島の多くの場所で見ることが出来たこの「金環日食」
長いところで、およそ5分間見ることができたようです。

また、「太陽のリング」と呼ばれるものは、場所によって
太く見えたり、細く見えたりするそう

今回のように広い地域で次にこの「金環日食」がみれるのは300年後ですが、
北海道では18年後の2030年に、本州中心地域では2041年に見ることができるようですよ

18年後、また、皆さんも一緒に「金環日食」をレポートして、
「世紀の天体ショー」を一緒に共有してみませんか?

※続きは以下よりご覧いただけます

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中