• Home
  • 運ぶを支える!ISUZU壁紙プレゼント

運ぶを支える!ISUZU壁紙プレゼント

日本元気に!

いすゞとHaKoBuのスローガン"運ぶを支える"をテーマに、いすゞ社員(デザインセンター)が壁紙イラストを制作しました。このイラストには「日本を元気に!」の願いが強くこめられています。

皆さんの生活や復興支援のさまざまな場で" トラック" が" いすゞ" がともにいると感じていただけたら嬉しいです。

※壁紙はどなたでもダウンロードいただけます。
※壁紙サイズ 1280 x 960

  • 出発の朝

    いすゞ自動車デザインセンタープロダクト第二グループ川上 慶さん

    この壁紙のテーマは「出発の朝」です。
    柔らかな光の明け方、声をかけあって始まる仕事の風景。
    トラックは私たちのために、荷物を積んで走り出します。
    そんな情景に、「運ぶことが未来を作っていく力になる」というメッセージを込めました。
    朝日を中心に置いた構図と、二人の人物の対比によって前進感と未来感を表現しています。

  • トラックが出来上がるまでの「つながり」

    いすゞ自動車デザインセンター渡辺 元生さん

    この壁紙のテーマは「つながり」です。
    一台のトラックが出来上がるまでには、たくさんのプロフェッショナルな仕事が存在します。それらが列のようにつながることで一つの立派な商品が完成する・・・そんなイメージを、手書きのタッチを残したやわらかい雰囲気の絵で表現してみました。

  • 気持ちをひとつに、全員で高いハードルを越えよう

    いすゞ自動車デザインセンター林 啓史さん

    この壁紙のテーマは「チーム」。
    いすゞ自動車の社員全員が、気持ちをひとつにして同じベクトルに向かい邁進します。
    家族のようにピュアな心でぶつかり合い、互いに高め、そして協力しあってお客さまの望む高いハードルを全員で越えていきたい・・・。そんな思いを、素描風タッチとコラージュで奥行きのある空間とチームの連帯感として表現してみました。

  • 夜明けの整備工場

    いすゞ自動車デザインセンター渡辺 元生さん

    今回の壁紙の題名は「夜明けの整備工場」です。光をテーマに、夜明けの現場の情景を描いてみました。
    真夜中まで続いていた作業が、ついに日の出を迎えます。日の光を浴びながらも、熱心に仕事を続ける現場の人々。さまざまな人々の、たくさんの仕事によって一歩一歩復興へと向かう日本。将来への明るいイメージや、「運ぶを支える」人々のかっこよさを感じてもらえれば幸いです。

  • 部品一つからさまざまな支援を

    いすゞ自動車デザインセンター猿橋 豪さん

    この絵に私がこめた思いは、「部品一つからさまざまな支援を行い、それがいつかギヤの花になる」。
    我々製造業でも何かできることが必ずあるという気持ちで描かせていただきました。

  • 被災地の復興と、日本の元気を物流で支えていこう

    いすゞ自動車デザインセンター岩崎 義雄さん

    東日本大震災にて被災された地域の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

    今回の壁紙は、「被災地が1日も早く復興し、日本が元気になる一翼を物流で支えていこう」と言うメッセージを エルフとFTガラスに映りこんだ「日本」で表しています。

  • 一丸となってこの危機を乗り越えよう!

    いすゞ自動車デザインセンター櫛田 雄一さん

    今回の壁紙は、「運ぶを支える」について、"車輌整備"をテーマに取り上げました。

    震災復興中も、笑顔を絶やさず前向きな気持ちで行動する姿を絵にしています。

    また、「運ぶを支える」というメッセージをより強く伝えたいと考え、タイヤを絵の中心に配置し、サービスマンを寄り添わせた構図としました。

  • 一丸となってこの危機を乗り越えよう!

    いすゞ自動車デザインセンター渡辺 元生さん

    東日本震災にて被災された皆様に、深くお見舞い申し上げます。

    今回の壁紙はクルマではなく、"運ぶを支える"をテーマに、いすゞで働く人々を中心にした絵です。日本国内だけではなく、世界中が皆で手を取り合い、一丸となってこの危機を乗り越えていこう、というメッセージも込めています。

    老若男女様々な"運ぶを支える人々"を描くことで、見た人が自分を重ね合わせることができるような絵にしてみました。この絵が少しでも皆さんの元気につながれば幸いです。

おすすめ HOT TOPICS

募集中