いすゞマニア座談会

前編:ココを伝えたい!俺たちの運命を決めたいすゞの魅力

1.マニアたちの自己紹介&いすゞ原体験

冒頭の自己紹介からいきなり皆さんのエンジンは全開…!
「可愛さ余って憎さ百倍?!」な発言も飛び出し、
皆さんのいすゞ愛が炸裂しました。

千葉
クルマのデザインについて書く仕事をしています。以前はいすゞのライバルメーカーで商用車デザインの仕事をしていました。トラックやバスに関しては作り手目線で見てしまうところがあります。乗用車に比べて話題の少ないトラックやバスですが、男の子は皆、子供の頃に「はたらく車の絵本」を見て育っていますよね。もう少しスポットライトを当てていけるといいなと思っています。(詳細プロフィールはこちら)
かつて伝説仕様のヴィークロスに乗っていた千葉さん
原田
いすゞ販社でのサービススタッフ勤務を経て、今はエルフに乗って運送の仕事をしています。今日は「いすゞトラック愛好会」を代表して来ました!子どもの頃からエルフに憧れがあり、93.5型が出た時は「このクルマじゃなきゃイヤだ!」と思いましたね。このクルマを一番愛しているけど恨んでもいます。なぜなら、このクルマが俺の人生を決めてしまったから!でも家族を養えるのもエルフで荷物を運んでるからこそ。一人でも多くいすゞユーザーを増やすことに貢献して、恩返ししたいと思ってます!(詳細プロフィールはこちら)
「エルフマン」のハンドルネームで有名な原田さん
片山
これまでいすゞ車一筋、ディーゼル車一筋。ジェミニターボディーゼル(JT600)、ビッグホーン ハンドリング バイロータス…と20年以上いすゞに乗り続け、人のクルマ以外でガソリン車に乗ったことがありません。いすゞファンになったのは、子供の頃よく乗ったBX型ボンネットバスの思い出が忘れられないから。ディーゼルエンジンの旅情をかきたてるような響きがたまらなく好きです。現在の愛車のビッグホーンを選んだ理由も車両感覚がボンネットバスによく似ているからです…。(詳細プロフィールはこちら)
いすゞ機関誌でも紹介されたことがある片山さん
松川
ブログ「ISUZUDAS」を95年頃から運営していて、今はガンメタのアスカ イルムシャーに乗っています。皆さんのように子供時代からいすゞ好きというわけでなく、PFジェミニを外車だと思っていたぐらい。スーパーカーブームの中、トラック野郎で盛り上がっていました(この頃から片鱗が?)。学生時代、いすゞのアスカに一目惚れし、それがハマるきっかけに。我が家の車庫は軽自動車を入れていたので、アスカを入れるのに無理があった。ところがいすゞのセールスが根性で入れた(笑)。その熱意に根負けして買うことに。これに合わせて車庫は作り直しました。(詳細プロフィールはこちら)
「ミニカー収集にも夢中な松川さん
あるまじろぉ~

私は20歳で免許とるまで全く車に興味がなく、いすゞのいの字も知りませんでした。まあでも、性格が曲がっているのか(?)数あるクルマの中からジェミニを選びました。角目がよかったんですけど納車されたのはつり目でがっかり…なんてこともありつつ、乗りつぶした後もまたジェミニを買いました。「ISUZU Picnic」というオーナーイベントを東北で主宰して今年で3年目になります。(詳細プロフィールはこちら)
東北でイベントを立ち上げたあるまじろぉ~さん
つん
「四角いジェミニ」が並ぶ姿を見たくて、「JTO Club」というオーナーイベントを主宰しています。今日は名前を知っている人がたくさんいらして…世の中狭いですね(笑)。いすゞを意識するキッカケはクルマを購入しようと検討していた18歳の頃。若い頃にジェミニ150C/Cセダンに乗っていた父の「またジェミニもいいなぁ…」というつぶやき。それからネットで検索して、「何ておもしろいクルマなんだ!」と興味を持ちました。発売から20年近く経っていたので、中古車探しは難航しましたが、いすゞファンのメーリングリストで「150か190がほしい」と書いたところ即日連絡が!現在も乗っていて車検のたびに「また10年乗るぞ!」と決意を新たにしています。(詳細プロフィールはこちら)
本日の最年少参加者・つんさん
大江
皆さんの熱いいすゞ愛に感激して涙が…。
ありがとうございます!

おすすめ HOT TOPICS

募集中