いすゞの秘密基地 「藤沢工場」

2.トラックが出来るまで

  • 1プレス

    ロール状の鉄板をさまざまな大きさに切ってプレス機へ。
    そこには上下対の型が取り付けてあり、1回、2回、3回・・・と順番に挟んでルーフやドアの形にします。仕上げにはプロの目と手で品質をチェック !!
  • 2溶接

    車体組立ラインでは、さまざまな形の鉄板と鉄板を溶接してくっつけます。そうすることで、 「三本の矢」のように強くなるんですよ。前後、左右、上下のパネルで6面体に。ほら、運転台の形になりました!
  • 3塗装

    運転台は鉄で出来ています。鉄が錆びて穴が開いてしまわないよう、錆止めを塗り、ペンキを塗ります。いつまでも綺麗なトラックでありますように・・・と願いを込めて。
  • 4ぎそう

    運転台にガラスやシート、ドアを取り付ける艤装(ぎそう)ラインです。運転手さんがトラックを動かすために必要なハンドルやブレーキ、アクセルもこのラインで取り付けます。シャワーテストで水漏れがないかチェックしてから組立ラインへ運ばれます。
    参考)いすゞチルドレン「トラックは、ぜったいに雨もりしないの?」
  • 5組立

    組立ラインでは「フレーム」というはしごのような鉄板が登場。エンジンやエンジンの力をタイヤに伝えるアクスルを搭載します。
  • 6タイヤ

    トラックが走るときに道路と接しているのは・・・そうタイヤです! このタイヤが運転手さんの意思を路面に伝え、車が走り・止まり・曲がります。この丸い機関銃のような機械でボルトを一気に締めちゃいます。
  • 7完成

    これで組立は終了です。用途に合わせて架装し、ついにトラックの完成!!
    潜入中

おすすめ HOT TOPICS

募集中