事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

奈良のバス 100周年記念フェスタ

桜や新緑を楽しんでいたら、あっという間に衣替えの時期になりましたね。
5月に行われたイベント報告が片山様より、HaKoBuへ届きましたのでご紹介します
------------------------------------------------------------------------------------

いすゞマニアの片山です

いすゞ創立80周年にあたる今年、2017年は、
実は奈良県に乗合バスが走って周年の年でもあります

それを記念し、5月27日()、28日()と、
「道の駅 宇陀路 大宇陀(うだじ おおうだ)」および「宇陀市文化会館」にて、
奈良のバス100周年記念フェスタ」が開催されました

奈良県の乗合バスは、1917年(大正6年)5月25日、
宇陀郡松山町(現・宇陀市大宇陀)の松山自動車商会により、
松山・桜井間(約13キロ)をT型フォードで運行したのが始まりといわれてます

会場にはその「T型フォード」の後継である、1929年式の
A型フォード」が展示されていました

いすゞ車については、いすゞBXD30型(1966年(昭和41年)式 帝国ボディ)が、試乗会にて運行されました。

これは昨年、車齢 五十鈴(いすゞ)を迎えた奈良交通の社宝ともいえる
ボンネットバスで、「シーカくん号」という名前がついています

車体番号1番違いの「銀河号」とともに、HaKoBuサイトではすっかりお馴染ですね

それからもう1台、いすゞのボンネットバスが展示されていました
この車は元・秋田県の羽後交通で活躍していた車で、「ジェイバス」で
フルレストアされたそうです

車型はいすゞBX553型(1960年(昭和35年)式 北村コーチ)で、
石川県よりトレーラーで搬送されました。
車齢はなんと57年目 四捨五入すれば還暦ですね

当日はお天気にも恵まれ、多くのバスファン
家族連れなどで賑わいました

また、駅と会場を結ぶシャトルバスにも、キュービックバスやエルガなど、
いすゞ車が大活躍したフェスタでした

----------------------------------------------------------------------------
お天気にも恵まれ、ボンネットバスが輝いて見えますね。片山さん、レポート有難うございました

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中