事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

南三陸 「新たなる2つの挑戦」

宮城県南三陸町に2つの仮設商店街がありましたが本設の商店街へ生まれ変わりましたので紹介します
その1つ、志津川にある「南三陸さんさん商店街」は3月3日(さんさんの日)に嵩上げした場所に
本設オープンしました
商店街案内看板のオクトパス君(タコ)の手にはインターホンが付いていてガイドと通話できる
親切な工夫がありました

木のぬくもりと香りがする6つの建物に鮮魚店や飲食店、おみやげ店など28店舗が入っています
建物の間には広い通路があり開放的な雰囲気ですね
この広い通路は「さんさんコート」と呼ばれ、催し物などのステージになるそうですよ

仮設にもあったフードコートが新しい商店街にも設置されて、
海風を感じながら食事や休憩ができるようになっています

南三陸の海の幸をふんだんに使ったどんぶり「キラキラ丼」も健在です
鮪の大きなオブジェはとてもリアルで今にも活きよく動き出しそうでした

南三陸はタコが名物ということで、案内看板などあちらこちらにキャラクターを見ることができます
キャラクターを見つけながら、ぶらり商店街を散歩もいいですね

商店街の周りは、まだ嵩上げ工事の最中で茶色い世界が広がっています・・・
海岸や河川の護岸工事、新しい国道の敷設工事も進められていました。
やや左側に少し見える茶色の鉄骨は、大津波で破壊された「南三陸防災対策庁舎」です。
錆止め塗装が終わり、ちょっときれいになり過ぎて違和感がありますが、当分の間保存されるようです。
周囲の嵩上げ工事が進んでいるため3階建の建物が埋もれてしまっているようにも見えます。
大震災の記憶は埋もれさせてほしくないですね。

今回は行程の都合で、あまり長く滞在できませんでした
お店のほうも開店からあまり時間がたっていないせいか、すこし落ち着かないように感じられました
少し時間を置いてから再び訪れてみようと思います

続いて北上して歌津にある商店街へ向かいます

仮設商店街だった頃は「伊里前福幸商店街」と呼ばれていましたが
「南三陸ハマーレ歌津」と改称し4月23日にオープンしました

ここ「南三陸ハマーレ歌津」は、全8店舗のコンパクトな商店街で、
飲食店や釣具店、電気店、服飾店と地域密着型の商店街です

オープン記念で、たくさんの花に囲まれてとても華やかでした
建物は「さんさん商店街」と雰囲気が似ていて、木材が多く使われています
仮設の頃は、冷たいスチールのプレハブハウスだったので、木の温かみが特に印象的です

「伊里前福幸商店街」の頃からスポーツチームフラッグが
シンボルでしたが「ハマーレ歌津」に生まれ変わっても
しっかり受け継がれていました
国道45号線から目立って見えるので分かりやすくなっています

新しくフードコートも設置されて、伊里前湾の海を見ながらの食事が楽しめるようになりました
これからの季節におススメなスポットになりそうですよ

南三陸には「絆ロール」というロールケーキがあります
震災直後、大津波やインフラの混乱で避難所では食料が不足していました
南三陸にある洋菓子店「パティスリーくりこ」では、店舗冷蔵庫にあった1000本のロールケーキを
避難所に届け、避難している方々を救ったそうです
そのロールケーキが「絆ロール」です
甘さひかえめでチョコやバニラなどの他に、三陸産わかめを練り込んだ変わった種類もあります
ゴマと抹茶そしてわかめロールをフードコートで食べてみました
わかめロールは、ほんのり磯の味で「あっ!おいし~っ」て感じでした
「絆ロール」は、「りあん」というお店でも売っています
三陸の海を眺めながらスイーツをいかがですか

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中