• HOME
  • 事務局ブログ
  • いすゞ「ものづくり体験ワークショップ」いもの教室 in 南三陸町

事務局Blog

HaKoBu事務局からのお知らせやぷちネタ、読者の声などをお届けします。

いすゞ「ものづくり体験ワークショップ」いもの教室 in 南三陸町

「東北被災地の子ども達を笑顔にしたい」そして、「ものづくりの楽しさと大切さを伝えたい」という思いで始まった、いすゞ「ものづくり体験ワークショップ」。
今回の「いもの教室」は、NPO法人 底上げ(地元高校生の意識醸成や活動支援、学習支援といった、地元に根付いた様々な活動をされています)の活動に参加している高校生やOB、地元の方々に参加いただきました。

さっそく、南三陸ポータルセンター(南三陸さんさん商店街横)で、10月22日に開催した「いもの教室」の様子をご紹介します

ワークショップを始める前に、当時高校生や中学生だった皆さんに震災時の様子を教えていただきました。
未曾有の体験をした当時から今までの出来事、そして未来を語る皆さんに感動し、また感心させられるばかりでした。

皆さんが子ども達のために作った「うみくん」という絵本があります。
「友達だったうみくんが、いたずらをしたために町を壊してしまう…。
けれど、最後は仲直りをした」という内容の物語です。


「海を知らず、海で遊んだことがない」という地元の小学生がいることを知った高校生達が
自分たちの町の将来を考え、企画した「ものづくり」です。

「今は盛り土で見えなくなったけれど、自分たちを育ててくれた海のことを子ども達にも知って
もらいたい、そして…街を壊してしまった津波の事も知って欲しい」と
企画・文章・イラストなど全て手作りで、最初は紙芝居を制作し小学生に語って聞かせたそうです。

さて…、いよいよ「いもの教室」始まりです
まずは「いものプロフェッショナル」による模範実演。みんな真剣な眼差しです。
最初の砂込めは、指先でしっかり型のまわりに込めるのがコツ。
体重を指先に乗せてグイグイ押し込みます

真剣に砂を込めて、型から外して(ヒヤヒヤ)、一生懸命磨いて、ものづくりの楽しさを味わいます
「見て!見て!」。 世界に一つだけの私のエルガちゃん、エルフくんが出来上がると笑顔も増えていきました。

*今回の溶解お兄さんは初担当なので、ちょっと緊張ぎみ

そう!今回はいすゞ社員の担当箇所を一新。
それぞれ初めての担当でしたが無事に務めることができました。
毎回、改善や革新を参加者の皆さんから教えられます。


最後はピッカピカのエルガちゃん、エルフくんを手に記念撮影
みんな満足そうで素敵な笑顔ですね

いもの教室終了後はNPO法人「底上げ」主催の「底上げDrinks」に参加して皆さんと交流しました。
教室参加者や高校生、地元の方々とお話ししながら「はらこ飯」もいただきました~
三杯もお代わりしました。美味しかったぁ~

みんなからのコメント

コメントする

タイトル
名前
メッセージ

事務局Blog

カテゴリ
月別
最新の記事

おすすめ HOT TOPICS

募集中